アラフォーで婚活中の人の厳しい現実!心構えとおすすめの婚活パーティー

アラフォーで婚活中の人の厳しい現実!心構えとおすすめの婚活パーティー

「35歳を過ぎると結婚できなくなる」「3%しか結婚できない」などとよく言われますが、アラフォー世代にとってはどのくらい結婚が厳しいのか(あるいは厳しくないのか)あらかじめ知っておく必要があります。実際にはアラフォーでも結婚が絶望的、というほどでもないのですが、どうしても一発逆転狙いで「高望み」をする傾向にあるようです。

そうやって婚活パーティーをはじめとした婚活に臨めばいいのか、ここではそのための心構えと、一例としておススメの婚活パーティーを紹介します。

アラフォーが抱える心境と現実について

まずはそもそもアラフォーとは、40歳前後(35~44歳)の人のことを言います。もともとは女性のことを指していましたが、今は世代を表す表現として使われるようになっています。

アラフォー世代になると、肌が荒れてくる、髪が薄くなる、脂肪がつきやすくなる、疲れやすくなるなど「加齢」を現実のものとして実感するようになります。

周囲の友人や会社の同僚は皆結婚してしまった、幸せな姿を見ていたらやっぱり自分も結婚したい、そういう心情の人も多いのではないでしょうか?

「自分だって幸せになる権利があるはずだ」「私のほうがいい相手を見つけられる」「私は同年代の人より稼いでいる」、条件がいいのだから婚活でもうまくいくはずだ、そう考えている人が少なくありません。

そうした「心の叫び」を現実の婚活市場では受け止めることができるのでしょうか??まず、アラフォーで婚活をする男女のパターンから考えてみたいと思います。

アラフォーになって婚活に焦り出す独身男女のパターン

アラフォーの独身男性

アラフォーの独身男性で婚活をがんばりたいのはいわゆる「独身貴族」ではありません。モテる人は若いうちに結婚していますし、「貴族様」ができる収入がある人は婚活しなくても結婚できます。

男性の場合、年収と結婚率には明確な相関関係があり、年収が高い人ほど結婚しています。

男性のアラフォーで婚活に焦っているのは、それまでモテないで来た人が多いんです。言い換えると「彼女いない歴=40年」とか、そういう恋愛に極めて疎かった人がどうにもならなくなり「婚活」を始めるパターンですね。

独身貴族ができるほどの収入はないけど、1人だと余ってしまう、これまでモテなかったけどやっぱり相手が欲しい、そういう人がアラフォーにして婚活を始めます。

アラフォーの独身女性

アラフォーの独身女性は決してモテない女性だけではありません。

モテない感じの女性や年収が少ない女性、パートや非正規雇用の女性は自分をわきまえているため、若いころに少ないチャンスをものにして、ある種「妥協(無理な高望みはしない)」ではありますが普通に結婚してしまう人が多いです。

女性で残っているのは、自立していて容姿もそこそこ、とくにモテなかったわけではなく彼氏もいたけど別に結婚するタイミングを逸してしまった、1人で暮らせるけどやっぱり相手が欲しいなぁというタイプになります。

趣味でいうと「海外旅行」「ホットヨガ」「ピラティス」・・・といったような感じのアラフォー女性です。
アラフォー婚活する男女のタイプをモテ偏差値でいうと

  • 男性:超下位レベル
  • 女性:中級ベル

が多い傾向があります。このあたりに婚活がうまくいかない最大の要因があるのではないかと感じます。

アラフォーで婚活がうまくいかない人に多い勘違い


アラフォー婚活がうまくいかない人に多い勘違いは、まだまだ自分は十分に「市場価値がある」と変な自信を持っている部分が強くあるのではないかと考えられます。

男性の場合、年収は人並みにあり、貯金も結婚していなかったのだからたくさんある、女性は男性の年収を重視するはずだから自分と結婚する女性はいるという勘違いです。下手をすると「選んでやる」という謎の上から目線を持っている男性も少なくありません。

一方女性は、エステやヨガなど体のメンテナンスにお金と時間をかけられるので、見た目はアラサーで通用します。自立して稼いでいるので生活の心配もなく、これならハイスペックな男性が放っておいても寄ってくるはずだという勘違いをしています。

でも現実は全く違う傾向にあるといえます。以下にまとめます。

  •  アラフォー男性が年上好きの20代女性と結婚できると思ったら大間違い。年上といっても5才くらいまで、10才近く離れた年の差婚を希望する女性は少ないです。
  • 女性の場合35歳を過ぎると、生物学的に妊娠がどんどん厳しくなります。見た目が若くても生物としての年齢はごまかせません。どうしても子供が欲しい男性は厳しいですが年齢の時点で相手にしません。
  • アラフォーになると、世間も30代前半の婚活プレイヤーも、独身の人よりもバツイチのほうが評価が高くなります。「一度は結婚できた人」と「この年まで結婚できなかった人」では後者の方が人間として問題があるのでは?と残念ながら思われます。

合理的な説明ができますか?

高望みしていることに気づいていない?

高望みしていることに気づいていない?
男性と女性では婚活への理想や期待の違いが明確であり、特にアラフォー世代では顕著になっています。

アラフォーの独身男性の場合、20代の女性、それもかわいい系を希望する人が多いです。これまでモテなかったのだから、一発逆転で若い妻を持ちたいと思うのもわかりますが、これまでモテなかったアラフォー男性(世間一般ではおじさん)を相手にする20代の女性はそうはいません。

でもお金だってあるし性格もいいぞ!という人もいるかもしれませんが、同じような条件であればアラサー男性の方が魅力的に映ります。

稼ぎの部分で言うと、経営者だったりビジネスの成功者などよほどとびぬけた年収や財産があれば年齢とハンデも気にせずに若い女性を相手として選ぶことはできると思いますが、年層の年収程度では中々そのハンディは覆りません。

アラフォーの独身女性もやはりアラフォー男性と同様に一発逆転的な結婚を狙っている人は多いです。キャリアがある自分に対してちゃんと見合う男性を探してしまいます。

ただ、身の丈は考えずに、年収が高くて背も高くてイケメンで女性の扱いもスマートな男性がいいなぁ、という男性を求めています。

現実的にいえばそのような男性は存在していますが、はたしてその男性がアラフォーの女性を求めているかを考えると、それはかなり少ない確率になると思います。

かといって妥協はできないし、結婚しなければ生活ができないということもないので、いつまでも「白馬の王子様」的な男性を探していつのまにか年齢だけが増えていきます。

女性は男性を「絶対評価」すると言われています。つまり、自分が設定した(現実離れした)ラインを超える男性が現れないと、どうしても結婚を考えることができないでいます。

そうしているうちに、妊娠がどんどん難しくなっていき、子供が欲しい男性からはますます相手にされなくなってしまうという悪循環に入ってしまうのです。

アラフォーにおすすめの婚活パーティーの選び方

アラフォーにおすすめの婚活パーティーの選び方
婚活パーティー会社については、当サイトにあるところならばどれでもOKです。実績があり情報管理も徹底していて、サクラや既婚者などを排除してい選定し、ご紹介しております。

だからこそ、年齢のハンディというのは思っている以上に厳しいのです。確率の低い理想だけを追い求めてパーティーへ参加するのではなく、参加するパーティーを工夫していく必要があると思います。

▼自分の年齢が上限ではなく下限のパーティー

39歳の人が「30歳~39歳」のパーティーに参加しても難しいです。この場合、低い方の可能性に期待している参加が非常に多いので、そうではなく「38歳以上」とか「40代以上」といった婚活パーティーに参加してみるのがよいと思います。「39歳だけど40代以上のに参加できますか?」と聞けばおそらく運営は歓迎してくれます。

とにかくその参加者の中で「絶対的に若い」というアドバンテージを持つことが大切です。

▼バツイチ、離婚歴アリ、その理解者パーティー

婚活で敬遠されがちな離婚経験者ですが、むしろアラフォーでは「結婚できた人」という肯定的な評価も増えてきます。結婚したことがある人というのは、不相応な高望みを婚活ではしないはずです。だから、身の程をわきまえずにいつまでも高いハードルを設定している人よりも中身や性格をよく見てくれます。

カップリング率もバツイチ&理解者のパーティーのほうが高いみたいです。一度は結婚できた人が相手のほうが安心できるのではないでしょうか?

▼大人数で完全フリータイムのパーティー

こちらは「ショック療法」の方ですね。大勢の中で何もできない、相手にされない現実を知って打ちのめされてください。自分の希望がいかに高いのか、自分の殻を破れていないのかが分かれば、おのずと行動や価値観が変わってくると思います。

このままではダメかも」と思うことで、婚活への向き合い方も変わってくると思います。

婚活・お見合いパーティー比較一覧を見る

まとめ(統括)

いかがでしたでしょうか?

アラフォーの婚活について概観してみました。35歳過ぎて結婚できる確率は、実は3%ではなくて7%~8%なんです。それでも低いですよね。それを少しでも高くするためには

・戦略を練る(受け身や自然体でいつづけることを変える)
・自分の希望をもう一度洗い直してみる
・結婚生活をどう送りたいのかを考えてみる
・根拠のない変な自信やプライドは捨てる

こういったことをもう一度考えてみることが大切です。(できれば一人ではなく誰かに相談しながら考えるとより現実的に答えを導けると思います。)
厳しいですが「婚活市場」ではアラフォーはハンディとなる要因がとても大きいです

だからこそ、現実を見て一歩一歩、一日でも早く行動する(行動を変える)ことが大切になります。そのため、まず婚活パーティーに行って現実と自分の価値を客観視できるようにしてみてください。

諦めるにはまだまだ早すぎます!頑張っていきましょう!