実は晩婚の方が幸せ?晩婚の原因やメリットについて

実は晩婚の方が幸せ?晩婚の原因やメリットについて

最近では、初婚の年齢がかなり上がり、晩婚化だと言われるようになりましたよね。晩婚というとあまりよくないイメージがありましたが、それも最近では減ってきたのではないでしょうか。

そうはいっても、晩婚の良い面とは一体どこなのかよく分からないという方もいるかと思います。この記事では、晩婚の原因とそのメリットについてご紹介していきたいと思います。

1.晩婚化が起こる原因って一体どうしてなの?

1.晩婚化が起こる原因って一体どうしてなの?
日本では毎年初婚の年齢が上がっていると言われており、2015年では、男性が31歳、女性が29歳になっています。これは実は2000年に突入してから3歳程度上がっており、これからも上がり続けると言われています。

晩婚と呼ばれるのは、この結婚適齢期よりも上が晩婚だと言われているようです。もちろんその時時で変動しますが、初婚年齢が結婚適齢期だと考えると、男性は31歳を、女性は29歳を超えた結婚は晩婚だといえます。

晩婚化が起こる原因は様々なものだと言われています。まずは、女性の社会進出が進んだからです。

昔と違ってどんどん自分の力を発揮して働くことができる環境になったため、結婚を考える時間が無くなってしまったり、一人で生活していけるようになったりしたからだと言われています。

また、男性の場合は、自分の収入が安定しないと家族を養えないと考えているため、どうしても結婚する時期が遅くなってしまうとも言われています。

特に昔と違って核家族化しているため、以前であれば両親に頼めた子どもの世話などもベビーシッターに頼むなど、お金がかかるようになっています。それを考えるとなかなか結婚に踏み切れないようです。

2.早く結婚するよりも晩婚化のほうが自由に感じられる理由って?

2.早く結婚するよりも晩婚化のほうが自由に感じられる理由って?
早く結婚したいと考えている方も多いかと思いますが、実は晩婚のほうが結婚生活にいい側面もあると言われています。

まずは、若い内に結婚してしまうと、自由な期間が少なくなってしまいます。特に、学生結婚などだと周囲の人たちは自由に遊んでいるのに家族優先にならざるをえません。

しかし、晩婚の場合には独身時代が長いため、やりたい事はやり尽くして結婚するため浮気などもあまりしないと言われています。

また、キャリアとしても晩婚がよいと言われています。特に、30代、40代で結婚する場合にはそれまで積み重ねてきたスキルが有るため、家でのリモートワークを行いスムーズに職場復帰が可能だったり、産休などもとりやすくなったりと育児の環境も整いやすくなっています。

他にも上げられているのは、若いうちに結婚すると、自分がこれまで生きてきた文化と違う家庭の文化があったり、家族以外なのでどうしても価値観を分かり合うことが難しかったりという苦労があります。

もちろんこれは晩婚でも起こりうるリスクではありますが、その時に、若いうちだとどうしても喧嘩に発展してしまいます。

その反面、晩婚の場合には素直にその違いを受け入れることができたり、どのようにしてそれを避けていくのかうまい対処法を知っている場合が多いと言われています。そのため、喧嘩を増やすことなく上手く暮らしていく事ができます。

3.晩婚なら考えておきたいデメリットって一体何があるの?

3.晩婚なら考えておきたいデメリットって一体何があるの?
しかし、もちろん晩婚化が全て良いことばかりというわけではありません。当然デメリットも存在しています。

まずは、育児についてのデメリットです。

晩婚であるということは、当然出産するのも遅くなってしまいます。しかし、高齢出産は体力的にも、精神的にも大変なところがあり、帝王切開などにつながることもあります。それらを踏まえると、やはりリスクが高いといえます。

また、無事に産むことが出来た後も、生まれたばかりは数時間おきに授乳が必要であり、睡眠不足になってしまったり、幼児になると走り回ったりと子育ては体力が非常に消耗してしまいます。

若いうちならば体力があるのでどうにかなる部分もありますが、晩婚の場合は苦労するかもしれません。

晩婚であってもどうしても子どもが欲しい、しかし、不妊治療が必要だという場合もあります。そうすると、普通に子どもを授かるよりも時間がかかってしまうため、どうしても出産などにリスクがかかります。

その時に、しっかりとリスクを考えた上で治療に望んだりできるのかは難しく、どうしても年齢を考えると子どもを諦めないといけないという場合もあります。

早く結婚した場合ならば子どもを産むまでに数年おくこともあるため、新婚生活を十分に楽しむことができます。しかし、高齢出産のリスクを踏まえて晩婚の場合は結婚後に早めに出産を考えている方もいるかと思います。

そうなると2人だけで過ごすことができる時間が少なくなってしまうという事もあります。

4.晩婚化で幸せになれる人って一体どんな人なの?

4.晩婚化で幸せになれる人って一体どんな人なの?
実は、晩婚化になることは決して悪いことばかりじゃありません。これまでは結婚するのが難しかった方も、晩婚化によって幸せをつかむことができると言われています。

特に、女性の場合はこれまでは20代で仕事に専念するか、それとも結婚して家庭を作っていくかという選択肢しかありませんでした。仕事に専念した場合には結婚するのが難しくなってしまい、そのまま独身で一生を終える人もいました。

しかし、晩婚化によっていくつになっても結婚をするのが社会的にも認められるようになってきたので、仕事を頑張りながら、結婚をすることで幸せな家庭を手に入れることができるようになったと言われています。

また、晩婚で幸せになる人は実は恋愛上手だとも言われています。

これは、若いうちの独身期間で恋愛を楽しんでいるため、早く結婚するよりも男を見る目が養われ、結婚相手を選ぶのにもその場での勢いではなく、自分にあった人を選ぶことができると言われているからです。

特に恋愛をあまりしていないと一目惚れですぐに付き合って悪い面をあまり見ずに結婚までしてしまうこともあります。しかし、悪い面も認めて、それをどのように対処していくかを分かっていないと、結婚生活では大変なこともあります。

そのため、その場限りの恋ではなく、様々な恋愛を経験して、見る目を持っている方のほうが結婚相手を見つけやすく、晩婚で幸せになることができると言われています。

また、若い時には許したり譲歩したりすることが難しかったことも大人になることで受け流すことが出来、無理に喧嘩をすることが少なくなるため幸せになりやすいと言われています。

5.晩婚でも幸せを手に入れることができるの?

5.晩婚でも幸せを手に入れることができるの?
結婚の時期が違うからといって、幸せになれるかどうかは決まっていません。それは、その夫婦の事情もありますし、早くても遅くてもその夫婦ならではの喜びや苦労があります。

もちろん晩婚を考えた時に、子育てや出産のリスクなどを考えたり、周囲の反対を思うとなかなか踏み切ることが難しいかもしれません。

その一方で、これまでの独身時代に付き合ってきた友人たちの祝福や、一人ではなく2人で生きていく幸せは人生の中でもなくてはならない大切なものになっていきます。

日本国内においては初婚年齢自体が引き上がっているので、まずは結婚相手を見つけないといけないと若いうちから悩んでしまうこともあるかもしれません。しかし、無理に焦ってそこまで好きじゃない人と結婚をするのはおすすめしません。

むしろ、色々な恋愛をしたからこそ自分にあう人はどういった人なのかを知ることができるかもしれないので、晩婚であったとしても、自分の幸せをつかむことは可能です。(時代的に可能となってきている

自分の幸せをつかむタイミングは、自分次第です。ぜひ、他の人の結婚をみて焦ることなく、自分なりのペースで自分がいちばん幸せにしたい人と、幸せな家族を作っていくことを考えましょう。