婚活アプリで実際に会ってみてガッカリする「あるある」7選!(女性向け)

婚活アプリで実際に会ってみてガッカリする「あるある」7選!(女性向け)

婚活アプリで知り合って、最初のデート(実際に会う)は緊張しますよね。

もしかしたらその男性の彼女、果ては結婚相手に選ばれるかどうかの一次面接でもあります。ドキドキしないわけがありません。

でもすっごく期待してデートに行ったのに、思った感じの人ではなかった、そんな経験ってありませんか?

そんな婚活アプリで会ってみて、ガッカリしてしまう「あるある」7選を集めてみました。

そして、ガッカリした気分を逆にポジティブにとらえる考え方もご紹介していきます!

1.イメージと違う

1.イメージと違う
まず、このパターンが多いのではないでしょうか?

プロフィールに、背が高く細身と書いていたから細マッチョな人を想像していたら、ガリガリでナヨナヨなタイプだったとか。
男らしいと思っていたのに、母親の話ばっかりするマザコンぽい人だったとか。

会うまではどうしても相手に自分の理想のイメージを当てはめがち。外見しかり、中身もしかりです。

ただ、恋愛だけでなくイメージと違う人を後から気になりだしたり好きになることってありませんか?

理想を相手に押し付けず、妥協できそうなところは思い切って片目をつぶってみるのもありです。例えばマザコンは言い換えれば親思いの優しい人かもしれませんしね。

まずは、ご飯やカフェ友達からでもいいと思います。デートを重ねていくうちに、徐々に良いところが見えてくる場合もあるので、一回でガッカリして切り捨てるのは、ちょっと早計かもしれませんよ。

2.写真よりかっこよくない

2.写真よりかっこよくない

これも「あるある」です。

女性はアプリなどでプロフィール写真を多少盛りますが、最近は男性でも写真を良く見せたくて盛っている人も少なくありません。とくに若い20代の男性に多く見かけます。

大人の男性でも、若いころに撮れた奇跡の一枚をずっと使っている可能性もあります

会ってガッカリを避けるには、LINEなどを交換したらできるだけ最近の写真をもらうのが有効ですね。

やり取りの最中に、写真の話題を出してお互いに交換しておくのが後々お互いにイヤな思いをせずに済みますからね。

しかし、スッピンやスウェット姿を送ってしまわないように気をつけましょう。

3.話がぜんぜんおもしろくない

3.話がおもしろくない

なにもお笑い芸人のような爆笑トークは期待していなくても、アクビが出ちゃいそうなつまらない話ばかりの男性は婚活アプリの中にももちろん存在しています。

自分の自慢ばかりされたり、仕事が大変だのという話ばかりだったり、少しくらいなら聞けますが、そんな話がずーと続いたらさすがにつらい時間になってしまいますよね。

ただ、逆におもしろくない話をする(話が苦手)ということは、女性に慣れしていない誠実な人である可能性は大いに期待できる点ではあります。

結婚を考えると案外、家庭的でよき旦那様になってくれるかもしれません。

「話がおもしろくないタイプ」は、実は隠れたオススメ物件かもしれません。笑

4.服装がダサい!

4.服装がダサい

ファッションセンスが悪いのは、おしゃれ好きな女性にとってはガッカリです。

一緒に歩くのも恥ずかしいくらいのオタクっぽいセンスの男性は婚活アプリでの出会いの中にもやっぱりいます。

でも、服装はダサいけど、性格がすごく良いとか、何となく憎めない感じの男性もいますよね。
ダサい彼を虎視眈々と「おしゃれ男子」に育てていくのを楽しむ、というのも悪くありません。

もちろん、会って間もないころにいきなりそんなことをしたら引かれてしまうかもしれませんが、お付き合いすることになったら、変なアクセサリーは外してもらい、メガネなどの小物に関しても口うるさくない程度に、ポジティブな感じでアドバイスをしてあげましょう。

ダサい男性が実は隠れイケメンだった…なんてことも。

5.ヤリ目っぽい

5.ヤリ目っぽい

これも現実のひとつです。

やはりこういったサイトには婚活をエサに遊び相手をあさっている輩(男性)も後を絶たないようです。

最初のデートから宅飲みに誘ってきたり、ボディタッチが多く馴れ馴れしかったりしたら、正直ガッカリですよね。

でもそれは、会う前に見抜く方法もあります!

もしあなたが、30代半ばでルックスも平均点の平凡な女性だと仮定してください。

そんなあなたにイケメンで若くて高収入の三拍子そろった相手が積極的に近づいてきたら要注意です。

冷静に考えてそんな普通にモテそうな男性が、あなたに声をかける可能性は低いはずです。(失礼ですが)

婚活アプリには、若くてかわいい女の子もたくさん登録しているので、そういった女性にいくのが普通だと思いませんか?

ですので、あまりに条件のいい男性が変に近づいてきたら、まず疑ったほうがいいかもしれません。

婚活アプリには、遊び相手を探している男性も多くはありませんが必ずいます。または高価なジュエリーや開運ツボを売りつける悪徳な業者の被害も報告されています。

お安く見られて利用されないようにしましょう。

6.思ったよりお金持ちじゃない

6.思ったよりお金持ちじゃない

婚活アプリなら収入を書く欄があるから最初からわかるじゃない?と思われるでしょう。

実際に年収1000万越えの自称お金持ちの方がなぜかうようよしています。

現実的に日本で年収1000万超は、ごくごく一部のエリートのはずなのですが、本当にそんな高収入を書いている男性が多くいて はじめは驚かれると思います。

別にお金目当てではないものの、やっぱり年収1500万の会社経営者などと聞かされればグッとくるものはありますよね。

でも、噓をついている人も中にはいるという話です。

高収入の若き会社経営者やお医者様なら、リアルの世界でも声がかかりますしモテる人は多いと思います。

そんな女性の方から寄ってこられる人が、わざわざ婚活アプリをしている理由があまりありません。

実際に会った際は、スーツの仕立てや時計・靴などの持ち物、食事に連れていってくれるお店のレベルなどで真実を見抜いてくださいね。

男性の価値は年収だけではないですが、お金を持っていると噓をつくのは間違いなくロクな人ではありませんよね。

7.あまりピンとこない

7.あまりピンとこない

最後になりますが、第一印象でピンとこなくてお断りをしたという女性はすごく多いようです

これは恋愛に限らず第一印象というのはものすごく大事な要素ですよね。

とくに女性というのは、この人と合うか合わないかというフィーリングは直感的に感じやすいと言われています。

だた、ドラマや恋愛マンガではないので、お互いにピンとき一目惚れして素敵な恋に落ちる!なんてことは、現実的にそうそうないですよね。

普段の出会いならともかく、婚活アプリなどで初対面からあまりピンとこないのは、はっきり言って当たり前かもしれません。

妥協をしまくれとは言いません。せっかくめぐり合ってご縁があった人たちを、ピンとこないからといってすぐに切り捨てて次々会ってみてもみんな同じことになるかもしれません。(婚活疲れに陥ります

「1のイメージと違う」と同じように、少し気になるかなと感じたら何度か会ってみたりするのもきっと大切です。

おわりに

婚活アプリで会ったときガッカリする「あるある」を集めてみましたが、いかがでしたでしょうか?

ちょっと耳が痛い話になったかもしれませんが、もちろん実際はガッカリする人ばかりではありません。素敵な人もたくさんいます!

近年はアプリを通して恋人を作ったり結婚に至ることも珍しくなくってきています。

当たり前のことですが、とにかく顔を合わせてみなければ、付き合ったり結婚したりできる可能性はゼロです。

初めからガッカリすることを恐れずに、まずはいろんな人とやり取りをして実際に会ってみましょう。