「マッチドットコム」アプリを使ってアラフォー男が婚活!失敗に終わった体験談

「マッチドットコム」アプリを使ってアラフォー男が婚活!失敗に終わった体験談

別の婚活サイトで、結構な数の人に出会えたものの、その人数分だけ振られ、そして、長居しているうちに、出会える人も少なくなっていた私。恋愛ができるかどうかは別として、しゃべりで仲良くなるのは自信がある、でもお金はかけたくない。じゃあ、出会いの場が多ければいいじゃない!ってことで、世界最大手の婚活サイト、「match.com(マッチドットコム)」を利用してみました。そんな私の体験談です。

私について

名前:くにお
年齢:35(当時)
職業:コンビニエンスストア店長
容姿:草食系の三倉茉奈似(でも男)
性格:他人に甘く自分に厳しく。性格は浮き沈み激しく。気はやさしいが力なし。割と社交的。結構M。
体型: ぽっちゃり小柄。
結婚歴:既婚(当時は独身)
過去の交際人数:3人
普段の服装(ファッションスタイル)は?:プリント柄が苦手。アンダーはジーンズなどカジュアル、トップスはジャケットを着用好き。でも襟付きシャツは苦手。

婚活アプリに参加する動機について

とにかく子供が大好きで、産めない男の私は里子でもいいから子供がほしかったのですが、男の未婚の里親になるのはとても難しい条件でした。そこに愕然としました。また、仕事にせよ私生活にせよ価値観を共有できるパートナーが日々暮らしている中どうしても欲しくなりました。いずれの目標を達成するにも女性の存在が大きいので、ならば、と婚活を始めました。

婚活サイトで、結婚相手を探し、出会い、付き合い、最終的に結婚するということに関しては全く抵抗がありませんでした。趣味のアカペラのバンドメンバー募集はインターネットでの募集でしたし、そこで、数多くの音楽仲間、それとは関係ない多数の友人とも知り合えたので、むしろ、時間に制約があったり、出会う前にお互いを知ったうえで話したりすることができない婚活パーティなどに抵抗があったり、恋愛で失敗して身近な知人との中を崩すくらいなら、婚活をして、新たな人間関係を構築した方が気楽でいいと考えていました。

「マッチドットコム」について

もともと別の婚活サイト(エキサイト婚活)で婚活をしていたのですが、何度かお付き合いに至るまでの方に出会えたものの最終的に結婚できるほどのご縁ではなかったり、サイトに長居しすぎて、なかなかメールのやり取りに至るまでにもいかなくなったりしたため、違うサイトを探していました。

そこで、当時プロバイダ契約をしていた@niftyの婚活サイトがmatch.comだったため、これも縁かと思い参加した次第です。世界最大手ということで、自分自身の中でブランドイメージもよかったのですし。

私が実際に参加した婚活サイト

「match.com」(マッチドットコム)

「マッチドットコム」を使う前に思っていた、感じていたこと

参加しようと思ったときは全く躊躇がなかったため、何も考えていませんでした。使ってみようと考えて、プロフィールの書き方など、スタイルが日本人に向いていない部分もあるなと考えて、困ったことはありましたが。もともと以前から婚活サイトは利用していたのでとくに不安などはなかったです。

「マッチドットコム」に参加する(実際に使ってみる!)

名前、生年月日、職業、収入など、基本データなどを入力した後、好み、趣味、どんな相手を希望するかなどを入力していきます。きめ細やかなサービスがお得意の日本の企業が提供するサイトと違って、かなり大まかな形で、自由な自己紹介ができるサイトでした。裏を返せば、自分の中でかなりまとまった自己紹介ができないと、ものすごく使い辛いということでした。

身分証明書は要求されましたが、写真などは要求されませんでした。すなわち相手の顔もメッセージで送りあわない限り、会うまでわからないということになります。

プロフィールが完成され、身分証明書で身元が認証されると婚活開始です。(当時は)

希望条件を入力して出てくる候補の方たちのプロフィールを見て、興味のある方にメッセージを送ります。返ってこなければ出会いのスタートにも立てず、返ってくれば、まずはお互いがどんな人間かメッセージで知り合っていく、実際の恋愛と同じです。というより、ナンパに近いともいえますね。(笑)

利用している当時は、相手のプロフィールも自由なため、どんな人かが中々わからず、ちょっとでも気になったら手当たり次第メッセージを送ったり、興味があるということを「ウィンクボタン」を押していました。実際お話してみないと、お互いどんな人間かさっぱりわからなかったので、心境としてはとにかく不安でした。

「match.com(マッチドットコム)」に参加している方たち

やはり海外で生まれたサイトということもあり海外の人が多かったり、日本人の方でもあまり日本の文化にどっぷりつかっていない方が多かったです。参加している方のもう一つの特徴は、お金持ちだったり、そうでもない場合はお金への執着が強い方が多かった印象があります。そのせいか、プロフィールが割とドライだったのかもしれません。

実際にお会いできた方はそんなに多くなかったのですが、主導権を絶対に譲りたくない女性や、お金に執着する気分が強い女性、情緒不安定で昼夜問わずいきなり電話やメールをしてきたり話の内容も二転三転する女性にばかりあたってしまい、どうにも疲れてしまうので、嫌でした。

正直このサイトで私の人気は正直ありませんでした。サイトで重視される収入も低いですし、これまでにお付き合いした女性は、趣味や価値観が一致してからお付き合いするということが多かったので、それがアピールしがたいこのサイトでは、なかなか出会いの機会を作ることは難しかったです。

結果報告!

結果はNo!でした。人気のない理由と同じで、収入、スタイルなど、基本スペックで大体決めてしまう人が多いので、そこで見劣りしてしまう私は、モテることがとても難しかったです。

まとめ(総括)

率直にいってmatch.com(マッチドットコム)は使わなきゃよかったと後悔しています。自分の持ち味を生かす道が少なかったですし、決済などの仕組みも日本人向けにはなっていなかったので、解約するにも一苦労でした。海外の人が多かったり、日本人でも海外経験が多そうな人が多かったりしていたのは、流石海外サイトということで、想像通りでした。

ただ、最近サイトを除いてみましたが、私が利用していたときと大きく変わっていて、サイト自体もかなり日本向けになっていて、日本人の会員数も桁違いでしたので驚きました!今利用すればもっと楽しめただろうなと思っています。それでもやはり海外生まれのサイトですので、海外(外国人)の人との出会いを作りたい方、結婚相手に海外志向が強い方などを求める人はとても向いているサイトだと思います。

最後に

婚活をアプリやWebサイト、お見合いサービスなどでやることに抵抗がある方、たくさんいらっしゃると思います。経験者としての意見を申し上げますと、実際にコンタクト取れてから、仲良くなって、あわよくば結婚・・・という流れにもっていくのは、お互いの相性というかコミニュケーション次第のところもありますので、その辺は普通の恋愛結婚と同じです。出会う機会がなければ使ってみる価値は大いにあると思います。

私が実際に参加した婚活サイト