「パートナーエージェント新宿店」に入会したアラフォーが、婚活パーティーに行った時の体験談(30代男性)

「パートナーエージェント新宿店」に入会したアラフォーが、婚活パーティーに行った時の体験談(30代男性)

アラフォーにもなって彼女もいなかった私が「やっぱり結婚したい」と思って、オーネットに登録するもなかなかうまくいかず、「コンシェルジュ」という相談役がいるパートナーエージェントに入り直して、実際に経験したお話です。

「パートナーエージェント新宿店」に入会した私が、婚活パーティーに行った時の体験談

私について

名前:けいじ
年齢:39才(オーネットには38才で登録して、翌年パートナーエージェントに切り替え)
職業:システムエンジニア(大手メーカー系)
容姿:ド近眼で色白、メガネを外すと外国人やハーフに間違えられます
性格:女性とも気さくに話せるのですが、恋愛には奥手でした
体型:普通かな。少しお腹が気になってました。
結婚歴:独身
過去の交際人数:・・・一応1人です。キスもしたことないし、手も繋いだことなかったので、彼女とは言えないかもですね。そうすると「プロの独身」になりますね(笑)
参加したときの服装(ファッションスタイル)は?:ツイードのジャケットにチェックのスリムパンツ、ブルーのシャツにネクタイは黄色だったと思います

婚活サイト「パートナーエージェント新宿店」入会までの経緯

私は、今もそうですが、ずっと実家に住んでいます。婚活を始めた頃は、築40年ほどの木造2階建てでした。周りのお宅が建て替えられたり、新築の住宅に変わっていったせいか、ネズミやシロアリが我が家に巣食うようになりました。ダニに食われて痒くなったり、業者にシロアリ対策を頼んでも効果が薄いということになって、家の建て替えをしようと家族で決めました。

その時に母親からキツ~い一言が…

「あんた、結婚する気あるの?」

母が言うには、

「結婚する気がない、もしくは結婚したら家を出ていくのであれば、今までと同じくらいの家を建てればいいし、それだったら手持ち資金で何とかなると思う。でも結婚して、ここで一緒に暮らすのであれば、二世帯住宅にしないといけない。そうなると手持ち資金では足りないから、あなたが住宅ローンを背負うことになる。どうする?」

彼女もいない身だったので「結婚する気はない」ということもできましたが、何となくプライドが邪魔をして、でも結婚して家を出るとなると、都内(新宿当たり)の一戸建てなんてなかなか買えない…、そう思った私は「二世帯住宅にしよう」と答えたのです。家もすっかり新しくなり、次に私がやるべきことはパートナー探し。こうして私の婚活は始まったのです。

まずは大手のオーネットに登録しました。ところが写真は紹介されるのですが、なかなかご本人にお会いすることができませんでした。オーネットでも婚活パーティーに参加したのですがうまくいかず。。

他にもっと良いさそうな婚活サイトを探すべく「婚活 口コミ」でググッた結果、「コンシェルジュ」という相談役がついてくれる「パートナーエージェント 新宿店」を見つけて、入会しました。入会後は女性とお会いする機会もありましたが、チャンスを広げる意味もあるということをコンシェルジュに勧められて、婚活パーティーに参加しました

婚活パーティーへ行く前について

パーティーは何回か参加していたので、大体の流れは把握していました。最初の時は不安だらけでほとんど女性と話すことはできなかったです。私みたいに初対面で話すのが苦手な方はやっぱりある程度場慣れと言うか、経験を積んだほうが良いと思います。

パーティーへ向けての準備といえば、婚活パーティーは種類にもよりますが、このパーティーにはドレスコードがあるので、パーティーに合うような服(私の場合はスリムタイプのパンツ)を購入しました。仕事の時の背広だとあまりカッコよく見えないかな、と思ってちょっとオシャレをしました(笑)

「パートナーエージェント新宿店」から紹介された婚活パーティーへ行く!

集合時間は夕方6時位でした。場所は横浜のシーサイドで披露宴とかパーティーのためのスペースでした。雰囲気は結構落ち着いていて、がっついた感じはなかったです。スタッフの方も「大人」の対応という感じでしたね。オーネットの時は「イケイケドンドン」な進行だったので、パートナーエージェントの方が私には向いていました。

パーティーの流れは、テーブルが6つあって、女性はテーブルに居続けて、男性は一定時間が来たら場所を移動するシステムでした。

1人目の女性Aさん

その日は昼間にバスケットボールをしてから行ったので、腹ごしらえが済んだ後に側にいたので、話しかけました。とても良く話す方で、年齢は私と同じくらいの方でした。

名前:Aさん
年齢:年齢とか公表されてなかったです。見たところ30代なかばくらいですね。
職業:OL
容姿:ちょっとウェーブのかかったロングヘアで、お化粧もバッチリメイクでした
性格:とにかくおしゃべり、マシンガントークがすごくて、強気な感じで、ちょっと引きました
体型:身長は155cmくらいで細身でした

第一印象は「場慣れしてるな」と思いました。年齢も上に見えたので、何度も来ている歴戦の強者という感じでした。会話の内容は、私がバスケットボールをしてきたと話したらその話題に終始しました。とりあえず側にいたので話しかけた程度で、会話内容は印象に残ってません。

結構ガツガツ来るタイプは苦手なので、性格的に「ないな~」って感じでした。

2人目の方

1人目のAさんと話していた時に、後ろから「お話ししてもいいですか?」と声をかけてくれた方でした。名前はHさん

名前:Hさん
年齢:20代後半くらい
職業:OL
容姿:ちょっとカラーリングしたボブカットで、お化粧もナチュラル系。かわいい系女子でした
性格:結構控えめで、清楚な感じでした
体型:身長は150cmくらいで、程よいスタイルでした

女性から声をかけられたので振り向くと、アラサーくらいの女性が恥ずかしげに私を見ていました。「いいですよ」と話を始めようとした時に、テーブル移動の時間になってしまい、「また後で」と声をかけてテーブルを移動しました。

Hさんには話しかけてもらったのに時間切れで会話ができなかったので、最後のフリータイムで彼女を探して声をかけました。

質問者の写真
私:「先ほどは失礼しました」

解答者の写真
Hさん:「私なんかでいいんですか、フリータイム…」

質問者の写真
私:「声をかけていただいて、お話する約束でしたから」

解答者の写真
Hさん:「ホントに良いんですか。うれしい^^ 大きな荷物持って来てましたよね」

(かわいいなぁ、反応が初々しい)

質問者の写真
私:「あ~、昼間にバスケをしてきたんで、バッシュとかボールとか持ってきたんです」(見てたんだ。まあ、目立つよな)

解答者の写真
Hさん:「バスケできるんですか? カッコイイですね~」

質問者の写真
私:「いや、あまり本格的なのじゃなくて、遊び程度ですけど」

解答者の写真
Hさん:「お洋服も素敵です」(結構いい感じ。楽しいなあ)

ここでフリータイム終了だったので、

質問者の写真
私:(もう少し話ししたいなぁ)「この後、お茶でも行きませんか?」

解答者の写真
Hさん:「え~、いいんですか?! 行きたいです」

ということで、パーティーの後、駅チカのカフェでお茶をして、メルアド交換できました!

結果報告!

Yesのような、Noのような…
Hさんとはメルアドを交換した後、何度か連絡を取り合って、一緒にバスケをしたり(その前に彼女のバッシュとかを買うためにデートしたり)、カラオケに行ったりもしました。カラオケの時、Hさんは私に寄りかかってきたので「キスとかありなのかな?」とか思いつつ、結局手出ししなかったです。

その後、パートナーエージェントのコンシェルジュにHさんとの状況を話すと「パーティー後の個人的な連絡先の交換は禁止で、あくまで『ファーストコンタクト』という出会いの場をパートナーエージェントで設定してからお付き合いを始めてください」と注意されました。私からリクエストをします。とお願いしたのですが、なぜかお断りされてしまいました。
メールすると「やっぱり私とけいじさんとでは釣り合わないと思うんです」とのことで、せっかくの出会いもここまでになってしまいました。

まとめ(総括)

パートナーエージェントでは5人の方と「ファーストコンタクト」することができました。その中でお会いしたTさんとお付き合いすることとなり、見事「成婚退会」することができました。9才年下のかわいい系女子です。その後彼女との関係は本当に順調に進み、子どもも生まれて「家族がいるって幸せだなぁ」と実感しています

私は婚活を通して本当に多くの女性と出会いましたが、やはり結婚ということが前提でしたので、「この人と一緒になりたいな」と純粋に思える人は今の妻だけでした。年齢的な焦りはありましたが、無理に結婚を急いでもその人と暮らしを共にするのですから、やはりそういった本心からくる気持ちはとても大事だと思います。

パートナーエージェントは、コンシェルジュという相談役がサポートしてくれるので、引っ込み思案な方や恋愛ベタな方に向いていると思います。
それとパートナーエージェントで最初に見せてもらえる相手のプロフィールが、とても情報量が少ないです。「これじゃあ会ってみないとどんな人か分からないや」って感じでした。ただ、それも今思えば逆に多くの人に出会うことができるきっかけになっているとも感じました。結婚を本当に真剣に考えているならまずは出会いを作っていくことが大切ですね。
 
婚活支援サービス「パートナーエージェント」の詳細を見る